二十歳後半になるまでずっと自分は買い物依存症だったと思います。

家族にもため息をつかれる始末で、自分でもどうしようもなかったくらいの買い物中毒でした。

主な買い物はヤフーオークションやネットショップでありました。お目当てのものを毎日見つけてはクレジットカードにて決済したり、現金で払っていたりしました。

私がお金に困ったのは100万円のバイクを購入した後です。

消費税が上がる前ということで貯金も十分にないのに買ってしまいました。

しかもローンを組むわけでなく見栄を張って一括で購入しました。その結果後々の生活が大変になりました。

就職活動をする際、住宅手当が支給されるかどうかというところも見ながら、企業を選んでいました。

そして、めでたく希望の会社に入ることができ、住宅手当も毎月5万円支給されることになりました。

給料は、さほど高くはなかったのですが、住宅手当が出るということは、かなり大きかったです。

大学2年生の夏。まさにアルバイト真っ盛りで自分の自由に使えるお金がたくさん稼げる年でした。

大学での地獄の試験週間。暑い中狭い部屋で拘束され、意味のわからない問題をたくさん解かされた私の体はストレスでヘトヘトでした。

そんな時は、、、ショッピーング!女の子のストレス発散といえば、美味しいもの食べに行ったり飲んだりかもしれないけど、私は断然買い物!

結婚してから初めての結婚記念日で、大ピンチに陥りました。


普段の生活費は全額私が負担していますが、今月はヤバイかもな・・・。と思っていたら、彼女の方から「ちょっと今月厳しいから、少し家に入れるお金を増やしてくれない?」とのこと。妻も先日買い物をし過ぎたらしく、お互いに大変になってしまっていたのです。


なくなくセカンドバンクからお金を引き出しました。もともと使う予定の無いお金でしたが、いつもギリギリの生活をしているためにこの出費は予想外。自分で使える金額も減ってしまいました。

いつも買い物はだいたいカードで払っていて、そんなにメチャクチャ買い物はしないので旦那さんのお給料で十分支払いが出来ていました。保険もカード払い。カードで支払いが出来るものは全てカード払いにしています。


一つの保険だけ貯蓄も出来る保険で年に1度まとめて払わないといけないので、その保険用に毎月2万円はよけています。

いつも通っているあるドラッグストアでは、各月の3日の日と20日の日が5%オフのセールが開催されます。

その時を利用して、生理の準備の為に生理用のナプキン購入しようと思ったのですが、クレジットカード代でかなり使いこんでほぼ金欠状態に(* ̄□ ̄*;

結局ナプキンを購入する事は出来ず、どうにかしてナプキン代を貯めなければ!と考えました。

会社勤めをはじめて二年ほど経っていた頃、2ドアタイプのスポーツ車の購入を考えて車を探しました。


雑誌や中古車店を回ったり、また知り合いの中古車オークションに参加できる方がいたので、欲しい車種や色、走行距離、そして予算など購入条件を告げて探してもらいました。


しかし良い中古車が見つかっても予算オーバーであったり、これはという車でも事故車であったりとなかなか見つけることができず、あきらめて新車の購入を決めました。

私は大学3年生の時に初めてクレジットカードを作りました。クレジットカードは大変便利で、手持ちにお金がなくても買えるので、頻繁に利用していました。当時私はアルバイトをしていましたが、月4〜5万円ほどしか稼いでいませんでした。


私が作ったクレジットカードは月末締めの翌月27日払いでした。明細書が届き、封を開けると8万円くらい使用していました。給料日は15日だったので額をみてみると4万円くらいでした。正直、まずいと冷汗がでました。